酪農の仕事とは?牧場での飼育作業

肉や乳などを生産するために牧場にて動物を飼育することを畜産と言います。畜産の中でも、牛やヤギなどを飼育して、乳や乳製品を生産することを「酪農」と言います。特に国内においては、牛を飼って牛乳を生産している酪農家が多い傾向です。

 

酪農を営む牧場は数十頭程度の牛を家族で面倒を見る個人酪農家や数千頭の牛を飼っている法人酪農家など様々です。最近の酪農家は、牛乳を取るだけではなく、取れた牛乳を使用してバターやチーズ、ソフトクリーム、アイスクリームなどの乳製品を生産する酪農家が増加中です。中には、観光牧場として観光客を招いている酪農家もいます。

 

酪農家は年かを通して多忙です。基本的な仕事は牛の世話です。一般的には、「搾乳」と「餌やり」、「牛舎の清掃」、「仔牛の哺乳・育成」を実施します。酪農は動物相手の仕事となるため、天候に関係なく365日24時間体制で仕事をする必要があります。

 

この状態に対応するため多くはシフト性などの交代勤務性がとられています。また、北海道など牧草地を所有している牧場の場合は、春から夏にかけて牧草の収穫が必要になるため、この時期は多忙になります。

 

さて、酪農家の具体的な仕事について説明すると、「搾乳」は文字通り牛の乳を絞ることです。いわば農業に例えると収穫にあたり、酪農の中では最も代表的な仕事です。搾乳の仕方は、一頭一頭繋がれた状態で行う「パイプライン方式」と複数頭の牛を搾乳室に集約して効率的に搾乳する「ミルキングパーラー方式」の2種類があります。

 

「牛舎の掃除・餌やり」も大切です。良質な牛乳を取るためには、牛のストレスを緩和することが大切です。そのために、牛舎を常に綺麗に清掃し、毎日決まった時間に餌やりすることも重要です。
酪農牧場の場合は、朝が早いという特性があり、牛のお産や病気にも対応するため、牛舎は住居に併設させる場合が多い傾向です。

 

また、比較的田舎にあるため、従業員用の住宅を完備しているところも多いです。独身寮や家族寮を構えているところもあります。外出用として車をレンタルできるところもあります。最近では酪農家は若い人を呼び寄せるためにいろいろなサービスを実施しています。

 

酪農の仕事は朝が早く肉体労働でありいろいろ大変ですが、それだけやりがいも感じられる仕事です。空気が美味しい大自然の中で動物と触れ合いながら行える仕事です。動物が好きな人にオススメの職場となっています。