岩手県盛岡市で、自己実現と自己成長をテーマとした「馬の牧場(八丸牧場)」を営んでいます。

ついに笑顔

ついに笑顔

ガッツポーズのMちゃん

昨日、「ホースセラピー親子プログラム」の団体予約があり、スタッフの方々も含めて20名ほどのお客様がご来牧した。

各種体験プログラムの後は、お楽しみのBBQタイム!!

焼肉を始めたくても「なかなか炭に火が燃え移らない」とか、「アレを忘れた」「これを買い忘れた」・・・などの珍ハプニングもあったようだったが、皆さんそれぞれの力を出し合って、最後はようやくお待ちかねの焼肉にありつけたようで、楽しそうな笑い声が聞こえていた。

さて。

子どもたちの乗馬体験のとき、乗降台に乗ったMちゃん(9歳)はぼそりと 

「ちょっと・・・ こわいな・・・」

と、つぶやいたので私は

「そっかぁ こわいと思うなら、無理しなくてもいいんだよ。1度、台を降りて馬から少し離れてみようか?」と提案した。

Mちゃんは、私の提案に従ってしぶしぶ台を降り、馬から離れて少し距離をとるや否や、気持ちがムシャクシャしたのか

「ママ~ 乗りたぁーい 乗りたぁーい 私 乗りたいのにぃいい・・・(怒)」

と大声を張り上げては感情を抑えられずに、ママに向かって憤りと葛藤をぶつけ暴れる始末。そこへ、ひと通り様子を見てから

「ねぇねぇ」と私。
「Mちゃん、いま私のお話・・・ 聞けるかな?」
「おっと お母さんは宜しければ、ちょっと向こうの離れたところに行って頂いていいですか?」

私は小さな声で、ふくれっ面のMちゃんと短い会話を交わした。

Mちゃんは自分の中に混在していた「小さな恐れ」と「小さな好奇心」に折り合いをつけたようで、逃避ではなく挑戦を選んだ。

小さな恐れにめでたく打ち勝った「小さな好奇心」の勝利誇りは、Mちゃんが見せてくれた乗馬のときのガッツポーズに全て表れた。 

ふくれっ面が嘘のような「笑顔いっぱい」の表情で、馬上からママを見ていた。私たちもとてもHAPPYな気持ちになった。

a:910 t:3 y:1

コメント


認証コード6059

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional