岩手県盛岡市で、自己実現と自己成長をテーマとした「馬の牧場(八丸牧場)」を営んでいます。

泥化粧

泥化粧

泥化粧

雨の後は、必ず泥浴び“泥化粧”。よく、お似合いだこと(笑)。ちなみにこちらは“ボニー(♂)”(笑)。

「なぜに、わざわざ泥まみれになるのか?」なんてことは、野暮な質問。“したい”から“してる”だけ。はっはっは。

さて、来客時。お転婆ジャム(犬)はいつも通りに、ケージの中へ。で、数分後

「ビリッ、ビリビリッ、ビリビリ、ビリッ」

ケージの中に敷いてあるフカフカ布団を、片っ端から“かじり破く”。それも、イキイキ楽しそうに(笑)。

そして。

「そろそろ失礼します!」ということで、お客様が席を立ちあがるや否や、いつもの如くケージの中で噛みつかんばかりの勢いで吠えまくる。

「ワォン ワォン ワォン(魂込めて)!!!」

「なぜにフカフカ布団をかじり破き、そしてお客さまの帰り際にわざわざけたたましく吠えるのか?」なんてことは、野暮な質問。“したい”から“してる”だけ。はっはっは。

お陰で、ジャムのケージは“綿だらけ”~~~。

さて、5月中旬。
島根県は隠岐の島・海士町へ出前授業を行いに参上予定。
ボニーとジャムを見習って、“行きたい・したい”ので、“行って・してみる”(笑)。

なんと海士町は、びっくり&驚き&熱い島。熱いと言っても、気温とか海面温度ではなくて、島民の『ハート』が熱いのだ。

(以下 ご案内文)

~~~~~~小さな島で、日本一の教育を~~~~~~

2009年5月14日(木)~17日(日)
テーマは、「夢を語り、挑戦する」。
夢は、語ることで実現に近づくと言われています。

馬のダイちゃんと岩手の街を馬車でパレードする夢を叶えた
八丸由紀子さん。ドリームプラン・プレゼンテーション2007※では、
彼女の語った夢が会場の観客500人の心を震わせました。

今回は講師として、感動大賞を受賞した八丸さんと、そのプレゼン
クリエイターである松舘敦子さん(「感動と共感のプレゼンテーション」共著のお二人、また兵庫県但馬で山を活かした放牧牛に挑戦するもう一人のプレゼンター、田中一馬さんをお招きし、中学校で出前授業をします。

その翌日には、まる一日をかけて地域密着型の体験交流プログラムを行います。農作業のお手伝いなど、地域の方々に教えていただきながら、島暮らしを体験することができます。

島の中学生たちが抱く夢の実現をぜひ応援したい!という人、ドリプラで語られた、熱き感動のプレゼンを実際に聞いてみたい人、離島の町、海士(あま)の地域づくりの取り組みに触れてみたい人、ぜひご参加下さい!ご応募お待ちしております。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
プログラム日程等

【3泊4日スケジュール(予定)】
5月14日(木)午前7時20分 
米子駅バスターミナル集合(鳥取県米子市)
→バスで移動→フェリー乗船
午後 オリエンテーション&島内ワゴンツアー

5月15日(金)午前 海士中学校での出前授業
 ☆ランチはお楽しみ、島の給食☆
午後 引き続き出前授業

5月16日(土)終日 地域密着!体験交流プログラム
夕食交流会 ~地域の人たちと語ろう~

5月17日(日) 午前 フェリーで海士発

【参加費】 1万円(滞在費全て含む)
※その他、集合場所までの交通費を各自負担お願いします。
【募集人数】 限定!!10名様 年齢不問(どなたでも)
【申し込み〆切】 5月2日(土)まで
参加申込みは以下のアドレスへ
amawagon2008@yahoo.co.jp(担当:高野)
,名前
⊇蠡亜奮惺擦箜萋庵賃痢⊃場など)
O⇒軅茵塀蚕蝓電話番号、PCメールアドレス)を必ずお送り下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみに・・・海士(あま)町とは?    

島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の一つの島(町)。後鳥羽上皇が流された流刑地としても有名で、神楽や俳句などの歴史文化や伝統が残る一方、島すべてが国立公園に指定されるほどの自然豊かな島。

現在人口は約2400人。年間に生まれる子ども約10人。
人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町。

人口の流出と財政破綻の危機の中、独自の行政改革と産業創出、人づくりによって今や日本で最も注目される島となる。
町長は給与50%カット、課長級は30%カット(公務員の給与水準としては当時全国最低となる)。その資金を元手に最新の冷凍技術を導入。海産物のブランド化により全国の食卓を始め、海外へも展開する(株)ふるさと海士」。

農業特区を取って、新たに肉牛の業界に参入し、松坂牛に匹敵するレベルと評価されて幻の肉として知られるようになった「隠岐牛」。
2004~2006年の3年間には145人のIターン者が移住するなど、新しい挑戦をしたいと思う若者たちの集う島となっており、まちおこしの
モデルとして全国の自治体や国、研究機関などから注目を集めています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

This is 海士町's way 。
OH ビュ~リフォ~!!!(笑)

a:249 t:3 y:1

コメント


認証コード0112

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional